パソコンを見ている男性

サイトで取り扱うジャンルの注意点を考えてみよう

どういうサイトを作るのかということを考える際に、特に気を付けてほしいのがYMYLと呼ばれるジャンルです。YMYLとは特にお金や健康に関するジャンルのことを指します。お金という分野はECサイト(オンラインショッピング)や銀行、証券、保険、投資、財テクなどが該当し、健康という分野は医療関係や美容関係などが該当します。お金や健康以外でいうと、法律関係や災害情報なども該当するということです。つまり、YMYLというのはお金や人生に大きな影響を与えるとてもデリケートな分野に該当しますので、身元が信用できないよりは、公的なサイトや信頼できるサイトの方が上位表示の可能性は高いです。こういうジャンルでは、個人のサイトが勝つというのはとても難しいと言えるでしょう。

YMYLのジャンルではE-A-Tがとても重要になってきます。E-A-Tとは専門性と権威性、信頼性のそれぞれの略語になりますので、こういう要素を備えていないとYMYLのジャンルでは上位表示されないということです。専門性とはサイト全体が何らかの専門に特化しているということを指します。権威性とは他人からこの人の言うことは正しいと認識されている状態のことです。信頼性とは内容に関して多くの信頼を勝ち得ていることを指します。どれにしても個人で運営するサイトでは難易度が高いと言えるかもしれません。

だからと言って、個人で運営するサイトがE-A-Tを高めることができないのかというと、そういうわけではありません。趣味が高じて専門性などを持ち得ることができた場合には、そういうコンテンツを提供し続けることができれば、可能性は十分にあり得ます。著者の自己紹介だけでは、E-A-Tを持っているという風にはみなされない可能性が高いです。継続的に高品質なコンテンツを提供し続けることが必要になってきます。その中でE-A-Tを持っているという風にみなされれば、どんどん影響力が出てくると言ってもいいです。

YMYLのジャンルでE-A-Tを重視しながらコンテンツを提供していくのは言うまでもないことで、個人ベースではなかなか難易度が高いのが正直なところではないでしょうか。個人がサイトを運営する時には、他のジャンルでE-A-Tを重視しながらコンテンツを提供していくのがまだ可能性があります。特に注意をしないといけないのが、YMYLのジャンルというだけで、他のジャンルにおいても、E-A-Tを重視しないといけないのは言うまでもないことです。

関連記事