パソコンを見ている男性

モバイルフレンドリーとは何か?

パソコンを使っている男性

モバイルフレンドリーとは2015年に導入されたGoogleのアルゴリズムで、スマートフォンなどのモバイルユーザーを重視した考え方です。PC向けのサイトはスマートフォンユーザーにとって見難いことが多いです。その見難さを改善して、モバイルユーザーにとって見易いサイトにするように求めることをモバイルフレンドリーと呼びます。モバイルフレンドリーに対応したサイトは、非対応のサイトに比べてアルゴリズム上、検索順位が上がり易いです。Googleにも評価され、SEO対策にも繋がります。

Googleではモバイルフレンドリーに対応しているのかどうかを確認するツールがありますので、そういうものを利用して、スマートフォンでどのように見えるのかを確認してください。ユーザーの視点に立って確認することをお勧めします。

モバイルフレンドリーテストはGoogleが公開しているツールです。入力したURLがモバイルフレンドリーに対応しているのかどうかをページ単位でチェックします。スマートフォンでの閲覧に際して、きちんと最適化されているのかどうかを確認することが可能です。横スクロールが必要なのかとか、フォントサイズが適切かなど、モバイルサイトにおいて表示が適切なのかなどの確認ポイントがあります。

モバイルフレンドリーテストにおいて、モバイルフレンドリーではないと表示された場合に、どういうところを修正すればいいのかが分かります。修正ポイントを確認した上でサイトの改善をしていくのが望ましいです。その結果として順位が上がるのであればより良い状況になります。また、サーチコンソールのモバイルユーザビリティレポートを参照することによって、問題があるページごとに修正ポイントが表示されます。ページ単位で問題箇所を確認することができますので、それに従って改善を行うべきです。

モバイルファーストインデックスが導入される前は、PCのほうが評価が優先されていたという状況がありましたが、導入された後は、モバイルページのほうが評価が優先されます。モバイルファーストインデックスが導入された場合には、サーチコンソールに通知メッセージが届きますので、このメッセージが届いた際には、モバイルページのほうが優先度が高くなるということです。モバイルページの評価に基づいて、最終的に検索順位が決定されます。SEO対策上、PCサイト以上にモバイルサイトを優先することが求められてきます。

関連記事