パソコンを見ている男性

動画コンテンツによるSEO効果とは

動画コンテンツはテキストコンテンツに比べると情報量がとても多いので、ユーザーにとってはとても有益です。実際のところSEO対策として有効なのかというと、それは一概には言えないというのが正直なところです。

しかし、最近では動画コンテンツがテキストや画像でのコンテンツに比べて、上位表示される割合が高いということが言われるようになっています。ただ、Googleではそのことについて否定していますので、直接的な影響があるわけではありません。そうは言うものの、動画コンテンツがあるからと言ってネガティブに働くわけではありませんし、そういうコンテンツがあるからこそ、クリック率が高まったりしますので、間接的な影響はある可能性が高いです。

今のところはGoogleが動画の内容を詳しく読み取っているわけではありませんので、そこで書かれるテキストがSEO対策にとって有効になります。内容紹介などユーザーにとって有益な情報が掲載されているのかどうかによって、上位表示される可能性が高くなります。動画コンテンツを利用したいならば、一度Youtubeにアップした上で、そのリンクやサムネイルをページに埋め込みをするというのが有効です。ページなどに動画があったとしても、検索順位が上がらないかもしれませんが、それによって間接的にサイトに訪れるというきっかけになることもありますので、一概に効果が無いということは言えないです。

Googleに評価してもらえるためにも、コンテンツの周辺にある情報をきちんと整備することが求められます。その情報を判別することによって、検索順位に反映していますので、きちんと内容を考えた情報を入力するようにしましょう。タイトルはユーザーに選んでもらえるようなコンパクトな内容にするようにしてください。詳しく説明をしたいのであれば、概要欄を使って詳細に記載をします。必要に応じてSEO対策のために、関連サイトのリンクを張るということも可能です。SNSなどに訴求したいのであれば、適切にハッシュタグなどを使ってタグ付けをしておくのも有効です。

サイトの趣旨に合った動画を掲載するということは、決して品質を落とすというものではありませんので、必要であればそういうものを埋め込みしても全然構わないです。ただ、動画を多く掲載すれば、品質上問題があり決して順位が上がらないことになるので、適度に配置するというのが何よりも重要です。これからはどのように動画コンテンツを展開していくのかというのも、重要な観点になってきます。

関連記事