パソコンを見ている男性

画像によるSEO対策の効果について

画像はSEO対策をどのようにやっていけばいいのかということがポイントになってきます。テキストデータだけではなかなか分かりづらいことが、画像を用意することによってユーザーを惹きつけることにもつながりますので、出来る事ならば有効活用したほうがいいです。画像をただ単に配置しているのではあまりSEO対策にはなりませんので、その周辺に配置するテキストデータも含めてきちんと対策をしておくべきです。

何よりもコンテンツの内容と合致しているのかということが重要になってきます。せっかく画像を入れるのであれば、ユーザーにとって分かりやすいものを選ぶべきです。文章よりも印象に残りやすいものですから、コンテンツで主に伝えたいことを強調する目的で使用するのがいいです。長々と文章で説明すると理解しにくくなるようなところで、効果的に使うようにするととても効果的ではないでしょうか。

テキストと画像に関して言えば、共にコンテンツにとって重要な要素になります。お互いを補完し合うようにすることによって、ユーザーにとって理解しやすくなるわけです。画像の内容をできるだけ把握するために、周辺のテキストにおいてもとても参考にしています。場合によっては画像検索の対象になることによって、流入することも十分にあり得ます。画像検索の対象になるためにも、SEO対策をすることは欠かせません。

SEO対策で一番重要なのがalt属性です。alt属性は何らかの理由で表示されなかった時に代わりに表示される部分ですので、ユーザーの利便性のために何らかの説明を加えてください。説明を読んだ時にどういうもの何かが想像できるような内容にするのが理想です。特に、画像に対してリンクを張る時には、alt属性がそのままアンカーテキストになりますので、先も読んでみたくなるような表示にします。効果的なアンカーテキストにすることにより、リンクをたどってもらえる可能性があるということです。

また、画像のファイル名というのは、デフォルトの名前ではなく、内容に合ったものにするべきです。デフォルトの名前にしがちですが、そうではなく適切な名前にするというのがポイントになります。

画像を使う時に注意しないといけないのが、適切な大きさにするということです。適切な大きさにしないと、ずっと読み込みをしていて利便性が悪くなったりします。コンテンツを見てもらう前にブラウザバックされるのは効果が無くなりますので、適切な大きさになっているのかどうかチェックしてください。

関連記事