パソコンを見ている男性
公開履歴
パソコンを使用している男性

よく最近耳にするSEOというのはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略です。サーチ・エンジン・オプティマイゼーションはどういうことかというと、検索エンジンを最適化させるという意味になります。検索エンジンはクローラーによって、各サイトのコンテンツを収集してデータベースとして保存します。クローラーが巡回することにより、検索結果として反映されるというわけです。そこで検索結果を上位表示するために、検索エンジンに対して良い評価を受けなければいけません。検索エンジンはページの良し悪しを判断するためのアルゴリズムがありますので、それにきちんと対応する必要があります。

アルゴリズムはずっと変わらなければ、サーチ・エンジン・オプティマイゼーションを行う上でとても楽です。しかし、アルゴリズムのアップデートによって、今まで上位表示されていたものが、下位に沈むということも往々にして起こっています。年に数回は行われていますので、そのたびに順位変動が行われています。順位変動が起きているというのは、順位を決める際のアルゴリズムがアップデートされているということです。アップデートされるたびに、きちんと対処して行かないと順位が下がってしまうということです。

従来のSEO対策で代表的なのが、テクニックだけでどうにかしようとするブラックハットと呼ばれる方法です。ブラックハットとは意図的に検索エンジンを騙すことによって、上位表示を実現していく方法で、検索エンジンに技術的な限界があった時代には有効でした。しかし、現在ではあまり隙が見られなくなってきていますので、ブラックハットだけでは上位表示される可能性は低くなっています。むしろペナルティをもらう可能性が高くなっています。

最近のSEO対策で有効なのが、コンテンツを重視するホワイトハットと呼ばれる方法です。つまりユーザーにとって有益な情報を提供することによって、アクセス数の向上や被リンクをもらったりすることです。小手先のテクニックで意図的にやるのではなく、王道であるコンテンツの魅力を高めるということになります。ホワイトハットという方法で、SEO対策をするのが当たり前の時代です。

コンテンツを重視するなどのSEO対策をすることによって、検索結果の最適化することが大事です。検索結果で上位表示をすることこそが重要です。上位表示に結びつかなかったら集客が望めなくなりますので、どのようにしてキーワードを設定して、検索結果を最適化するのかというのがポイントになります。

記事一覧

SEO対策を行うならば、まず対策キーワードを設定することが求められます。キーワードをどのように選定す...

パソコンを使っている男性

モバイルフレンドリーとは2015年に導入されたGoogleのアルゴリズムで、スマートフォンなどのモバ...

パソコンを使う男性

内部リンクとは自サイト内でリンクを張ることを指します。外部リンクと違って自分たちで対策をすることが可...

パソコンを持っている男性

被リンクとは外部から自サイトに向けられたリンクのことを言います。SEO対策を行う上でも、被リンクを獲...

パソコンの前に考える男性

コンテンツSEOとは良質なコンテンツを書き続けることにより、Googleなどの検索エンジンでの上位表...